一般歯科

歯周病

歯周病治療の様子

歯周病は、歯と歯ぐきの間の隙間(歯周ポケット)に付着した歯垢(プラーク)や歯石中の歯周病原性細菌が引き起こす歯肉の病気です。
歯ぐきの炎症からはじまり、最終的には、歯を支えている骨(歯槽骨)が吸収、消失して、歯が脱落する病気です。
歯ぐきから血が出る、嫌な臭いがする、という症状があれば、できるだけ早く、歯科医院に相談しましょう。

ページのトップに戻る

虫歯(う蝕)

虫歯(う蝕)治療の様子

虫歯(う蝕)はミュータンスレンサ球菌という細菌が、粘性のある菌塊(バイオフィルムと言います)をつくって、酸を産生し、歯を構成しているリン酸カルシウム(アパタイトと言います)を溶かして、歯に穴を開ける病気です。
早期に発見すれば、虫歯を削り、詰め物をするだけで済みますが、大きくなると、神経(歯髄)を抜かなければならず、治療も長引きます。

ページのトップに戻る