虫歯(う蝕)の詳細

虫歯(う蝕)のメカニズム

虫歯(う蝕)のメカニズム

虫歯(う蝕)は、粘性の強いかたまりとなって、歯に固着した(バイオフィルムといいます)ミュータンスレンサ球菌という細菌が、食物の中の糖質を分解して生産した酸が、歯質のリン酸カルシウム(アパタイトといいます)を溶解させる現象です。

虫歯は、歯質の強さばかりでなく、唾液の量、性状および間食などの生活習慣とも深く関わっています。

ページのトップに戻る

虫歯(う蝕)を予防するには

虫歯(う蝕)を予防するには

虫歯は、細菌による感染症であるとともに、生活習慣病でもあります。

  • 間食は控えめにし、食後すぐ、口腔清掃を励行しましょう
  • 食事は、ゆっくりと、よく噛みましょう。そうすると、唾液が十
         分に出て来て、お口の中の酸を中和してくれます
  • フッ素入りの歯磨き剤を使い、歯を強くしましょう

ページのトップに戻る

フッ素について

フッ素について

フッ素は、歯質を強化し、虫歯の原因となる酸に強くするとともに、初期の虫歯を治す働き(再石灰化)もあります。また、う蝕原性細菌の生活を弱め、酸の生産を抑える性質を持っており、虫歯予防に効果があります。 一般的には、フッ素入り歯磨き剤が市販されていますので、使用をお勧めします。
また、歯科医院で、定期的に、フッ化物の歯面塗布を行うこと、フッ化物洗口法の指導を受けられることも、お勧めします。

ページのトップに戻る