歯周病の詳細

健全な歯肉と歯周病の歯肉を見較べてみましょう

健全な歯肉 上下の前歯の歯肉は、よく引き締まって、ピンク色をしています。健全な歯肉です。
中等度の歯周病 下の前歯には歯石(褐色、帯状のもの)が付着しており、歯肉もやや赤く、腫れています。レントゲン写真では、やや骨の吸収が見られます。
中等度の歯周病です。
高度の歯周病 上下の歯の歯根の周りに、歯垢や歯石が固着しており、歯肉が、かなり赤く、腫れています。また、歯の動揺のため、歯が前に突出し、歯の隙間が広がっています。レントゲン写真では、骨の吸収が、強く見られます。
高度の歯周病です。

ページのトップに戻る

歯周病の自覚症状

  • 歯垢・歯石がついている
  • 歯肉が場所によって紫色や赤色になっている
  • 歯肉から出血する、あるいは膿がでる
  • 歯肉から嫌な臭いがする
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
  • 歯肉が腫れて、痛いことがある
  • 歯が動くようになってきた
  • 前歯が前に出て来て、歯と歯の隙間が目立ってきた

ページのトップに戻る

歯周病の治療法と予防法

ブラッシング

ブラッシング

歯と歯肉の間の隙間(歯周ポケット)をブラッシングして、歯垢(プラーク)を取り、清潔にすることが重要です。
各々の人に合ったブラッシングを、歯科医院で教わりましょう。







スケーリング·ルートプレーニング

スケーリング(歯石除去):歯根に付着した歯石等の沈着物を、超音波素ケーラーや手用スケーラーを使って、除去、清掃します(下写真左)。

ルートプレーニング:歯根の固着した歯石や感染したし歯根部の歯質を、手用スケーラーを使って、除去、清掃します(下写真左)。

ルートプレーニングスケーリング













歯肉剥離ソウハ手術

骨が吸収した重度の歯周病では、歯肉を開いて、歯根の周りの不良組織とともに、感染した歯質を除去、清掃します。

PMTC(専門家による機械的歯牙清掃)

PMTC(専門家による機械的歯牙清掃)

スケーリング、ルートプレーニングをした後、毎日のブラッシングを励行しても、細菌の塊(バイオフィルム)が、徐々に、歯の周りに、付着してきます。この細菌塊を定期的に、除去、清掃することが、必要で、これをPMTCといいます。1,2ヶ月に1回行うことをお勧めします。

ページのトップに戻る