新着情報

2008年07月16日:ITIメンバーズ・ミーテイング

 当院で扱っているインプラントは、スイスのベルン大学歯学部が中心となっているITI(International Team for Implantology)という学術組織が考案、開発したもので、生産、販売はストローマンという会社が担っています。
 このインプラント・システムが優れているのは、第一に手術が一回で済み、患者さんの苦痛が少なくて済むということです。また骨と接触する部位の表面にITIならではの特殊な処理を施してあり、骨との結合(骨統合、オッセオインテグレイション)が早く、また確実であるために安心して使えることです。
 ITIという学術団体は、これまで歯の再生療法を含めたインプラントの開発、研究および教育を行って来ており、メンバーは現在、世界で5,000人、日本では200人ほどで、かなりの勢いで、数が増えています。そこで、ITIの財政が確立されたことにより、生産、販売を行っているストローマン社と独立し、今までよりもより教育面の充実を図るとともに、世界的にも組織化をより一層高めることを意図しています。
 その一環として今回(2008年6月28日)日本における第一回ITIメンバーズ・ミーテイングが開催されました。私もメンバーとして参加しましたが、スイス、バーゼルをセンターとして、世界各国の支部(セクション)を網の目のように結ぶネットワークが確立され、各国内の教育を充実させようとする意欲が漲っていました。またITIが主催する学会では、ITIだけでなく、他のインプラントシステムの成果をも発表、意見交換をおこない、学会の活動を普遍性の高いものにしようと意図しています。インプラントシステムを生産、販売している企業が主催する学会はその企業に依存した内容にならざるを得ないものですが、ITIはその弊害から脱却しようとしています。
 現在、インプラントは商業的に儲かるものと考えられ、多くの歯科関連企業が参入して、何十種類ものインプラントが売り出されていますが、多くは先行商品の焼き直しです。やはり、リードしているインプラント・システムは最初にオッッセオインテグレイションの概念を提唱し、現在のインプラント学の基礎を築いたブローネマルク・インプラント、そして一回法の手術法を最初に提唱し、研究、教育に力を入れているITIインプラントが嚆矢と言えるでしょう。
 インプラントの手術を受ける前にどのインプラント・システムを使っているのかを、よく知って、真に信頼のおけるインプラントを施術されることをお勧めします。


meijijinnguu1.JPGmeijijinnguu2.JPG

ページのトップに戻る

2008年07月01日:おしらせ

 歯科医師会会議のため、7月7日(月)は午後6:00で診療終了となります。


gamu2.JPGgam1.JPG

ページのトップに戻る

2008年06月18日:歯科とデトックス

 アンチエイジング医療において、血液中の重金属等有害な物質を取り除く治療法をデトックスといいます。トックスは「トキシン(毒)」、デは「無い」の意味で、デトックスは要するに「解毒」という意味です。アンチエイジングにとって有害な物質を摂取しないだけでなく、点滴療法によって、洗い流してしまう方法もとられています。

 歯科治療においては従来、虫歯の治療の詰め物としてアマルガムという水銀と亜鉛の合金が使われてきました。この20年ぐらいは使われていませんが、それ以前は保険治療でかなり高頻度で使われました。詰め物としては、黒く変色した物質として見られます。このアマルガムの中の水銀が唾液に溶解し、血液中に溶け込んで、体中の活性酸素を増加させて、細胞のエイジングを促進するおそれがあるといわれています。

 従って、お口の中を見て、黒い詰め物が見えたら、歯科医院でアマルガムを除去して(虫歯になっていなければ、簡単な治療で済みます)、できれば白いプラスチックかポーセレンに詰め直してもらうのが良いでしょう。そうすれば、体の中に入る可能性のある重金属を取り去るだけでなく、白い歯になって審美的にも若返ることができます。


inogasira3.JPGinogasira3.JPG

ページのトップに戻る

2008年06月11日:インプラント症例:患者さんの声(14)

 両脇に歯がある一歯欠損の場合、両脇の歯を削って、ブリッジにすることもできるのですが、歯を削ることの欠点(歯を削ってかぶせる治療は2次的に虫歯になりやすい、歯を削る治療では、神経を抜く治療が必要になることがある)を考えると、インプラントを単独で埋め込む修復治療の方が格段に優れているといえます。

 症例14 男性 45歳:左上顎側切歯、左上顎第一小臼歯(左図 矢印)および右下顎第一大臼歯(右 矢印)と、一歯欠損が三か所あり、みな両隣の歯は虫歯がなく、また治療も受けていない健全な歯でした。ブリッジにすると、上の歯は3本、下の歯は2本丸ごと削らなくてはならず、その問題点を説明した結果、インプラントによる修復処置を行いました。
 治療後6年たちますが、ご本人の口腔衛生ケアも良く、2か月に1回口腔内のクリーニング(PMTC)を定期的に受けており、インプラントに全く問題はありません。


%E3%82%84%E3%81%98%E3%82%8B%E3%81%97%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%9F%E3%81%8B%EF%BC%92.JPG%E3%82%84%E3%81%98%E3%82%8B%E3%81%97%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%9F%E3%81%8B%EF%BC%91.JPG


<声>歯のためには、インプラントが申し分ないみたいですね。二月に一回の歯のクリーニングもさわやかで気持ちよく、楽しみにしているぐらいです。

ページのトップに戻る

2008年06月04日:お知らせ

 6月6日(金)は歯科医師会会議のため、18:00で診療終了となります。


gogatsu1.JPGggatsu2.JPG

ページのトップに戻る

2008年05月28日:自然災害に対する国際援助

 ミャンマー(ビルマ)のサイクロンでは、国連発表で10万人の死者、22万人の行方不明者、190万人以上の被災者が生じ、中国四川省の大地震では中国政府の発表で6万人の死者、36万人の負傷者、4550万人の被災者と公表されていますが、いまだ被災者数は推測の域を出ず、今後感染症の拡大も考えられ、さらに犠牲者は増えるものと予想されています。
 この数字をみると自然災害の脅威を痛感せざるを得ません。しかし、天気予報が進歩した今日、サイクロンの大きさと進路はある程度予測できていたと言われていますし、四川省の地震も大雑把ではあるが、その可能性が指摘されていたという情報もあり、自然災害ではあるけれども、人災も加わって事態を大きくしている面があるようです。
 それ以上に深刻なのは、両国とも体制維持を第一に考慮し、災害後の人命確保、生存者、被災者への援助を積極的に行う熱意に欠けるのではないかと見られることです。テレビ映像では、政府要人が被災地を見て回り、国を挙げて喪に服す日をつくり、また奇跡的な生存者救助を大々的に報じていますが、両国とも諸外国からの災害救助の特殊技術を持った援助要員の受け入れを積極的には認めていません。救出、および罹災者への処置には大量の人員と特殊な技術が必要と思われ、国連および諸外国も人員派遣を申し出ているのに、自国の社会体制を知られたくないためか、あるいは自国の災害状況を的確に把握する行政体制が不十分なためか、食糧、医薬品の援助のみ受け入れ、人員の入国を嫌っています。ちなみに、既に外国からの援助物資は闇商品となって市場に出回っているようです。
 これは為政者の勝手な事情のためで、一番困るのは、被災者で、水、食糧、医薬品が手に入らず、飢え、感染症の恐怖の中にいます。国民の生命は為政者の目論見で勝手に決められてはなりませんけれど、外国のこととて、私たちには手が出せないのはなんとも歯がゆいものです。
 こういう事態をみると、自然災害の救援に際しては、当該国の政府当局の意向にかかわらず、国連を中心とする国際機関が国民の生命を守るため、救出する権利を持つという理念を、国際的に認めるための国際環境が整備されるよう努力する必要があるように思えます。


saigai1.JPGsaigai2.JPG


ページのトップに戻る

2008年05月22日:インプラント症例:患者さんの声(13)

 上顎には副鼻腔といって鼻の組織があるため、インプラントを埋め込む場合レントゲン検査やCT検査により正確に解剖を精査して計画を立てる必要がります。
 従って、上顎大臼歯部の欠損に対しては、副鼻腔(上顎洞)の大きさによって、そのままインプラントを埋め込むことができる場合、ソケットリフトにより上顎洞の処理をする場合、さらにサイナスリフトを行って、上顎洞の処理を行う場合、の三つの方法があります。手術の大きさと経済的な面からいうと、できるだけサイナスリフトは避けて計画を立てます。喪失した本数すべてを修復するにはサイナスリフトを行わなければならないような場合は、患者さんとの相談の上、1本減らして、インプラントを埋め込み、サイナスリフトを回避する場合もあります。

 症例13、62歳、女性:右上第一大臼歯、第二大臼歯を喪失し、義歯を作りましたが、違和感に耐えられず、全く使用していませんでした。しかし、左側だけで噛んでいるのは、かみ合わせにとって良くないことを自覚し、インプラントの手術を受け入れられました。
 上顎洞がやや大きく、インプラントを入れる骨が薄いため、2本ともソケットリフトを行って、上顎洞を4mm上方に押し上げて、さらに骨を移植してインプラントを埋め込みました。ソケットリフトで4mm押し上げるのは限界といわれていますが、サイナスリフトを避けて、あえてソケットリフトだけで処理しました。

%E7%AB%B9%E4%B8%AD%E7%BE%8E%E5%8D%83%E4%BB%A3.JPG%E7%AB%B9%E4%B8%AD%E7%BE%8E%E5%8D%83%E4%BB%A3%EF%BC%91.JPG

<声>インプラントをしてよかったと思っています。手術はあれっと思っているうちに終わっちゃったし、何でも噛めるし、いうことなしです。

ページのトップに戻る

2008年05月15日:インプラント症例:患者さんの声(12)

 両側の下顎の臼歯部が喪失した場合、義歯はかなり大きなものとなり、口腔内の違和感は強いものです。このような時にインプラントが威力を発揮します。


 症例(12) 女性 38歳:両側の第一大臼歯、第二大臼歯を喪失した部分にはじめて義歯を入れましたが、違和感に耐えられず、1日と義歯を入れておくことができませんでした。そこでインプラントによる解決方法を企画しました。

 通法通り、左右下顎の大臼歯部に2本ずつインプラントを埋め込み、その上にポーセレン冠をたてて修復処置を行いました。


DSCF0731.JPG/><DSCF0734.JPG

DSCF0738.JPGDSCF0736.JPG


<声>何でも噛めています。インプラントを入れていることを忘れてしまっています。

ページのトップに戻る

2008年05月08日:インプラント症例:患者さんの声(11)

 インプラントによって食べる機能を回復するのは勿論ですが、インプラントを入れることで口腔の衛生を維持しようという予防観念に目覚めることも、重要な効果です。

症例11 35歳 女性:来院時、左下顎の大臼歯2本が根の治療が途中で中断していたため、虫歯が進行し、保存できずに抜歯となりました。しばらく迷っていましたが3か月後にインプラントを決意されました。
 抜歯後の骨の再生を待った後、左下顎に2本のインプラントを挿入し、最終的にポーセレン冠による修復処置を問題なく行いました。
 インプラントの手術以降、口腔衛生を維持しようとする意欲が強く出てきて、他にもあった多くの虫歯の治療も積極的に受け、写真のように非常にきれいな歯になりました。治療終了後のメンテナンスにも定期的に通院し、口腔衛生状態もたいへん良好で、歯がきらきらと輝いています。


DSCF0642.JPGDSCF0643.JPG

<声>インプラントを入れてから、お口の中をきれいにしようとする気持ちが強くなったのは確かね。不潔にしてインプラントがダメになったら怖いですもんね。今では、2、3か月に1回先生のところに通って、歯のクリーニングしてもらうのが、かかせないわ。


ページのトップに戻る

2008年04月30日:おしらせ

 当医院も明日から5月6日(火)までお休みです。

 5月7日(水)は歯科医師会会議のため、17:30で診療終了となります。


4gatsu.JPG

ページのトップに戻る

2008年04月23日:おしらせ

 ゴールデンウィークの間、以下の期間休診となります

         5月1日(木) - 5月6日(火)

yamabuki1.JPG yamabuki2.JPG

ページのトップに戻る

2008年04月16日:チベット問題

オリンピックを目の前に控えた中国当局を、チベットの人権問題が目の前を飛びまわるハエのように悩ませています。
 今回のチベットの、中国に対する人権抑圧の抗議行動は、燎原の火の如く世界中に広がっていますが、それを見ると、聖火リレーに合わせて前もって周到に計画されたように思えます。ただ、当初の穏健な抗議行動だけでは済まず、チベット人のナショナリズムに火を点けて、かなり過激な状況を作り出しているようです。それだけ、中国当局および漢人のチベット人に対する抑圧が強いのかもしれません。
 中国政府が何と強弁しようと、そもそも問題は1950年中国軍がチベットに軍事侵入し、武力により併合(中国共産党による封建体制からの解放)したことにあります。ただそれがなかったらチベットがどうなっていたかを考えてみると、状況は現在と変わらないか、あるいはより悪くなっていたかもしれません。軍事介入がなかったとしても、共産主義を標榜するチベット人の一派が形成され、ゲリラ化し、内戦状態になり、さらに悲惨な国内情勢となっていたかもしれません。あるいは、産業、経済がままならず最貧国に停滞していたかもしれません。
 しかしそれでも、チベット人は現在の状態に我慢ならず、自由を求めているのです。チベットを支配する中国政府の強権政治、新しい鉄道(青蔵鉄道)ができて押し寄せる漢人の資本家(商人風情かもしれません)による貧富の差の拡大等がチベット民族の誇りの琴線を揺さぶったのでしょう。
 解決のためにこれからどうしたらよいのでしょう。独立は無理です。これだけ世界中に向けて面子をつぶされた中国当局は絶対にチベットを許さないでしょう。また中国と離れれば、経済的には立ち行かなくなるでしょう。やはり、チベット人代表者と中国当局とが話し合い、チベット人を主体とするチベットの自治がより許されるような政治体制を構築してゆくのが最も穏当でしょう。
 そのためには、世界がオリンピックを外交カードとして中国に圧力をかけることも一つの方法かもしれません。ただあまりやりすぎると、中華思想に染まった中国政府をより強硬な態度にさせてしまう懸念もありますが。
 日本政府はアジアの一員として、その仲介をとる資格はあると思うのですが、ダライ・ラマは先頃インドの亡命先から成田を乗継としてアメリカへ行ってしまいました。

inogasira1.JPGinogasira2.JPG


ページのトップに戻る

2008年04月09日:インプラント症例:患者さんの声(10)

 上顎の臼歯部にインプラントを入れる場合、鼻の横にある副鼻腔(上顎洞)が発達してインプラントを挿入する骨の量が不足するため、特別な方法を用いる必要が出てくることがあります。
 サイナスリフトといって、副鼻腔を上に持ち上げ、骨を移植する手術ですが、かなり高度な知識と技術を伴います。手術は口腔内から行いますが、頭のそばの手術となりますので、麻酔医の管理下で、静脈注射による静脈内鎮静法を使います。従って、眠っている間に手術は終わり、手術中の不快感は全く経験しません。

 症例10 58歳 女性:両側上顎の小、大臼歯4本ずつ、計8本喪失した方で、義歯の使用になじまず、インプラントを希望されました。
 両側ともサイナスリフトを行った後、インプラントを3本埋め込んで、修復処置を行いました。


DSCF0497.JPG
DSCF0499.JPGDSCF0498.JPG

<声>鼻の手術は、腫れが強くてちょっと大変だったけれど、インプラントは快調で、素晴らしいわ。


ページのトップに戻る

2008年04月02日:おしらせ

 4月7日(月)は歯科医師会会議出席のため、18:00で診療は終了となります。


sakura.JPG


ページのトップに戻る

2008年03月26日:インプラント症例:患者さんの声(9)

 当院では、17年前の開業時からインプラントによる修復処置を行っていますが、すべて成功しており、取り出した症例はありません。

 症例9 60歳 女性:本症例は15年前に手術した症例ですが、左下顎の3本の臼歯が欠損したところに、2本のインプラントを埋め込み、差し歯を入れました。インプラントによる修復処置後、定期的な予後観察およびメンテナンスにあまり通って下さらず、先日、他の歯のことで来院されましたが、インプラントは周囲歯肉の炎症もみられず、レントゲン写真上、骨の吸収もなく、良好な状態を保って機能しています。


DSCF0780.JPGDSCF0779.JPG


<声>もう15年も経ったんですね。インプラントは全く問題なく、普段は忘れていて、自分の歯のつもりでお食事しています。

ページのトップに戻る

2008年03月19日:口腔外科疾患の一例

 今回は口腔外科疾患の一例として、口唇にできる嚢胞性疾患を紹介しましょう。思い当たる方もいるかもしれません。

 多くは下唇の粘膜(口の中の濡れているところ)の膨隆としてみられます。大きさは5mmから2cmぐらいで、ほぼ円形です。痛みはありませんが、特徴的なのは、時につぶれてなくなりますが、少しするとまた大きく膨らんできて、これを繰り返します。(左図)

 唇の内側を触るとブツブツしているのに気付くと思いますが、これは異常ではなく、小さい唾液腺を触れているのです。この唾液腺が詰まって、唾液が溜まった袋が、この病気の正体で、粘液嚢胞といいます。袋がつぶれて中の唾液が流れ出ると小さくなりますが、その穴がふさがると再び唾液がたまって袋ができることになります。

 嚢胞は基本的に悪性ではないので、治療は手術で袋を切除するだけで済みます。時間は15分ぐらいです。切除したもの(右図)は大学病院で病理組織学的検査を受け、悪性でないことを最終的に診断します。


%E7%9F%B3%E7%94%B0%E6%AD%A3.JPG%E7%9F%B3%E7%94%B0%E6%AD%A3%20%281%29.JPG

ページのトップに戻る

2008年03月12日:インプラント症例:患者さんの声(8)

 インプラントの手術で、最も簡単で、一般的によく行われているのは、下顎の大臼歯2本を喪失した症例ですが、それでも下顎の解剖を熟知していること、丁寧に優しく手術を行うことは成功への絶対条件です。

 症例8 70歳 男性:左下顎の第一、第二大臼歯が欠損した方で、10年以上、あまり不便を感じずに部分義歯を使っていましたが、インプラントの快適性の魅力に魅かれ、手術を決意されました。下顎の中の神経、血管がかなり上方を通っていますが、レントゲン検査やCT検査で術前に計画したとおり、インプラントを神経、血管のぎりぎりで埋め込んだ結果、手術後の感覚麻痺もなく、インプラントの機能も良く保たれています。


DSCF0505.JPG%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7.JPGimaizumi.JPG


<声>入れ歯に比べて、インプラントは清潔でいい。それに出し入れの手間もないからいい。長年入れ歯を使っていて、こんなものかと思っていたが、これなら、もっと早くインプラントにすればよかった。

ページのトップに戻る

2008年03月04日:お知らせ

 3月8日は杉並区歯科医師会会議出席のため、18:00診療終了となります。

nanntenn.JPG

ページのトップに戻る

2008年02月27日:「食」の衝撃

 このところ「食」に関する問題が日本を震撼させています。
 第一には、「食」の安全の問題で、勿論、中国の農薬入り餃子ですが、その後、他の工場で作られたいろいろな冷凍食品にも芋蔓式に農薬が検出され、日本での中国製食品に対する不信感は強まっています。中国政府は、近代的な工場内に農薬は認められず、工場内で農薬が混入されるはずがないと主張していますが、根拠はあまり説得的ではないように思われます。中国の見解に日本政府もあまり強い調子で反駁しておらず、おそらくは、うやむやのうちに問題が片付けられるのではないでしょうか。日本人としては、中国製のものは敬遠するに如かずでしょう。羊頭狗肉という言葉もある国ですから、食べ物に何が入っていても驚くにはあたりませんが。
 狗肉といえば、米国の牛肉の問題があります。歩けなくなった肉牛をトラクターで丸太のように押して、無理に動かそうとしている残酷な様子が、テレビで放映されましたが、この牛はBSE(牛海綿状脳症)の疑いが大きく、アメリカ農務省はこの牛を食用に処理し、出荷していた食肉処理会社に対し食用肉6万5千トンを回収するよう命じたそうです。日本の農水省は問題の会社で処理された肉は日本に入っていないと説明していますが、問題は、この会社だけでなく、他の食肉処理会社にも同様の牛が同様に処理されている可能性が高いことです。また先の処理会社から直接日本に入って来ないにしても、現地で加工された後日本に入って来ている可能性があります。日本政府はアメリカからの食牛肉の輸入検査体制を緩和しようとしていますが、再考すべきでしょう。
 資本主義が変形して暴発した中国(一党独裁の共産党がコントロールしている資本主義)、資本主義が矛盾を露呈しているアメリカ(市場原理主義というドグマが恐るべき経済的格差を生みだしても、そのことに平然としている国民意識は何なのでしょう)、彼等に食糧を全面的に依存している我が国はもっとしっかりと将来を見据えないと、命を脅かされることになりそうです。
 第二には、輸入穀物の高騰の問題です。とりわけ小麦の政府卸売価格は35%も値上がりし、小麦を原料とする多くの食品が値上がりする結果、我が国の食卓はいずれ高額食材に溢れ返ることになります。また、トウモロコシや大豆はバイオエタノールの原料になるということで、需要が高まり、価格を押し上げています。ガソリンが高くなる、鉄が高くなるのはある程度あきらめがつきます。しかし、小麦やトウモロコシや大豆は日本で作ろうと思えば作れたのです。この国の食糧自給率39%が示しているように、20年先を見据えて、農業立て直し政策を早急に立てる必要があるでしょう。
 以上の「食」の安全の問題、食糧自給率の問題については、平成17年に制定された食育基本法が、「食育は、.....(中略)....農山漁村の活性化と我が国の食糧自給率の向上に資するよう、推進されなければならない。」、「食品の安全性をはじめとする食に関する幅広い情報の提供及びこれについての意見交換が、....(中略)....国際的な連携を図りつつ積極的に行われなければならない。」と表明しているのですが、これからの運動に期待しましょう。
shoku.JPG

ページのトップに戻る

2008年02月20日:インプラント症例:患者さんの声(7)

 すべての歯を失った場合、多くのインプラントを埋め込んで、義歯を用いない修復処置をすることが理想です。しかし、費用、肉体的負担のことを考慮すると、とりわけ高齢者の場合は、2個のインプラントとマグネット(磁石)を利用することで、義歯でありながら、その不快感をかなり軽減して、良好な咀嚼を取り戻すことができます。

 症例7 M.M. 82歳 女性:上下総入れ歯で、多くの方がそうであるように、下顎の入れ歯が動揺し、痛みがなかなかとれませんでした。
 そこで、下顎の左右犬歯部にインプラントを埋め込み、そこにマグネットを取り付けました。義歯にもマグネットを取り付け、両者が引っ張り合うことにより、義歯が動かなくなり、食事は何でもよく噛めるようになりました。

%E7%9A%86%E5%B7%9D%E5%80%AB%E5%AD%90.JPG%E7%9A%86%E5%B7%9D%E5%80%AB%E5%AD%90%20%283%29.JPG%E7%9A%86%E5%B7%9D%E5%80%AB%E5%AD%90%20%282%29.JPG

<声>今まで動いていた入れ歯がピッタリと顎におさまり、全く動きません。おかげで、趣味の水泳をしていても、入れ歯が落ちる心配をせずに、思いっきり泳げます。毎日が楽しいです。

ページのトップに戻る