新着情報

新着情報:2008年02月分

« 2008年01月 | | 2008年03月 »

2008年02月27日:「食」の衝撃

 このところ「食」に関する問題が日本を震撼させています。
 第一には、「食」の安全の問題で、勿論、中国の農薬入り餃子ですが、その後、他の工場で作られたいろいろな冷凍食品にも芋蔓式に農薬が検出され、日本での中国製食品に対する不信感は強まっています。中国政府は、近代的な工場内に農薬は認められず、工場内で農薬が混入されるはずがないと主張していますが、根拠はあまり説得的ではないように思われます。中国の見解に日本政府もあまり強い調子で反駁しておらず、おそらくは、うやむやのうちに問題が片付けられるのではないでしょうか。日本人としては、中国製のものは敬遠するに如かずでしょう。羊頭狗肉という言葉もある国ですから、食べ物に何が入っていても驚くにはあたりませんが。
 狗肉といえば、米国の牛肉の問題があります。歩けなくなった肉牛をトラクターで丸太のように押して、無理に動かそうとしている残酷な様子が、テレビで放映されましたが、この牛はBSE(牛海綿状脳症)の疑いが大きく、アメリカ農務省はこの牛を食用に処理し、出荷していた食肉処理会社に対し食用肉6万5千トンを回収するよう命じたそうです。日本の農水省は問題の会社で処理された肉は日本に入っていないと説明していますが、問題は、この会社だけでなく、他の食肉処理会社にも同様の牛が同様に処理されている可能性が高いことです。また先の処理会社から直接日本に入って来ないにしても、現地で加工された後日本に入って来ている可能性があります。日本政府はアメリカからの食牛肉の輸入検査体制を緩和しようとしていますが、再考すべきでしょう。
 資本主義が変形して暴発した中国(一党独裁の共産党がコントロールしている資本主義)、資本主義が矛盾を露呈しているアメリカ(市場原理主義というドグマが恐るべき経済的格差を生みだしても、そのことに平然としている国民意識は何なのでしょう)、彼等に食糧を全面的に依存している我が国はもっとしっかりと将来を見据えないと、命を脅かされることになりそうです。
 第二には、輸入穀物の高騰の問題です。とりわけ小麦の政府卸売価格は35%も値上がりし、小麦を原料とする多くの食品が値上がりする結果、我が国の食卓はいずれ高額食材に溢れ返ることになります。また、トウモロコシや大豆はバイオエタノールの原料になるということで、需要が高まり、価格を押し上げています。ガソリンが高くなる、鉄が高くなるのはある程度あきらめがつきます。しかし、小麦やトウモロコシや大豆は日本で作ろうと思えば作れたのです。この国の食糧自給率39%が示しているように、20年先を見据えて、農業立て直し政策を早急に立てる必要があるでしょう。
 以上の「食」の安全の問題、食糧自給率の問題については、平成17年に制定された食育基本法が、「食育は、.....(中略)....農山漁村の活性化と我が国の食糧自給率の向上に資するよう、推進されなければならない。」、「食品の安全性をはじめとする食に関する幅広い情報の提供及びこれについての意見交換が、....(中略)....国際的な連携を図りつつ積極的に行われなければならない。」と表明しているのですが、これからの運動に期待しましょう。
shoku.JPG

ページのトップに戻る

 

2008年02月20日:インプラント症例:患者さんの声(7)

 すべての歯を失った場合、多くのインプラントを埋め込んで、義歯を用いない修復処置をすることが理想です。しかし、費用、肉体的負担のことを考慮すると、とりわけ高齢者の場合は、2個のインプラントとマグネット(磁石)を利用することで、義歯でありながら、その不快感をかなり軽減して、良好な咀嚼を取り戻すことができます。

 症例7 M.M. 82歳 女性:上下総入れ歯で、多くの方がそうであるように、下顎の入れ歯が動揺し、痛みがなかなかとれませんでした。
 そこで、下顎の左右犬歯部にインプラントを埋め込み、そこにマグネットを取り付けました。義歯にもマグネットを取り付け、両者が引っ張り合うことにより、義歯が動かなくなり、食事は何でもよく噛めるようになりました。

%E7%9A%86%E5%B7%9D%E5%80%AB%E5%AD%90.JPG%E7%9A%86%E5%B7%9D%E5%80%AB%E5%AD%90%20%283%29.JPG%E7%9A%86%E5%B7%9D%E5%80%AB%E5%AD%90%20%282%29.JPG

<声>今まで動いていた入れ歯がピッタリと顎におさまり、全く動きません。おかげで、趣味の水泳をしていても、入れ歯が落ちる心配をせずに、思いっきり泳げます。毎日が楽しいです。

ページのトップに戻る

 

2008年02月13日:インプラント症例:患者さんの声(6)

 症例6 A.N. 57歳 女性:上顎の左臼歯4本、下顎の右大臼歯2本が欠損している方で、義歯を嫌いインプラントを希望されました。
左上は、臼歯4本分を修復するにはサイナスリフトを行う必要がありましたが、大きい手術を嫌ったため、ソケットリフトのみを行い、3本のインプラントで修復しました。右下は通法通り2本のインプラントを埋め込み、修復処置を行いました。

%E4%B8%AD%E6%9C%A8%E6%88%B8%E6%9C%9D%E5%AD%90%EF%BC%91.JPGDSCF0464.JPGDSCF0463.JPG

<声>両側の歯で食べられるって、食べやすくていいですね。何でも食べられます。入れ歯とは全く違って、自分の歯と同じに食べられて、本当に嬉しいです。感謝しています。

ページのトップに戻る

 

2008年02月06日:日本糖尿病協会 歯科医師登録医

 2008年2月1日付けで、日本糖尿病協会の歯科医師登録医(第371号)として、認証されました。

 今までもたびたび述べましたように、歯周病と糖尿病とが、密接な関連をもっている疾患であることが、かなりの数のエヴィデンス(科学的証拠)をもって明らかにされており、歯周病は糖尿病の合併症の一つと考えられています。 
 歯周病が悪化すると、歯周組織の炎症巣から放出される化学物質が、インシュリンの効力を弱める働きをして、糖尿病が憎悪すること、重度の歯周病が糖尿病による心筋梗塞、脳梗塞の発症を高める可能性が高いこと、歯周病の治療、管理により、糖尿病患者の血糖コントロールが良好になること、一方糖尿病が進行すると、微小血管の障害が生じて、歯周組織の血行が悪くなるため、歯周病が悪化することが知られています。
 日本糖尿病協会は、医師、看護師、栄養士などの医療スタッフ、および糖尿病患者さんから構成され、糖尿病に関する知識を深め、糖尿病治療の標準化、新しい治療法の発展を目的としている団体です。今回、本協会は糖尿病と歯周病との密接な関係に鑑み、糖尿病に関心を持ち、知識の豊富な歯科医師と療養指導医(糖尿病専門医)とが連携して、糖尿病患者さんの糖尿病、歯周病の治療、管理を行うことを主旨として、歯科医師登録医を認証しました。
 日本糖尿病協会のホームページに、登録歯科医師が掲載されていますので、糖尿病にかかっていて、歯周病ではないかと思われている方は、自宅近くの登録歯科医師を調べて受診し、精査、指導、治療を受けられることをお勧めします。

 あなたの糖尿病のかかりつけ医と歯科医師とが連携してそれぞれの治療を進めることにより、今以上に糖尿病のコントロールがうまくいくようになることが期待できそうです。

homubara.JPG

ページのトップに戻る