審美歯科COSMETIC DENTISTRY

保険適応の白い歯はレジンという樹脂を使ったもので、これは透明性が低く、審美性に難があること、変色しやすいこと、プラークが付きやすいこと等より、審美歯科では保険適応外のセラミックを使う治療方法が主になります。

審美歯科とは

当院では治療だけでなく、きれいな口元の実現にも力を入れております。

メタルボンド

金属の下地をセラミックで覆った被せ物をする治療方法です。

オールセラミック

セラミック(陶器材質)で出来た被せ物で、本物の歯により近い審美性を発揮します。

使用感も本来の歯に近い感覚なので、機能性にも優れた治療方法です。

かつてはメタルボンドクラウン(金属陶材焼付けクラウン)が主流でしたが、現在では審美歯科治療ではオールセラミックを主流としています。これはCAD/CAMシステムというコンピューター技術を使って制作するもので金属を全く使用しないセラミック単体であるため金属アレルギーを引き起こさない、プラークがつきにくい、金属色が透過しないため透明感が増して美しい仕上がりの表面になる、歯肉に接する部位で金属露出しない等の、利点があります。当院でもオールセラミックのクラウンを積極的に使っており以下のものがあります。

ラミネートべニア

歯の表面に薄いセラミックを接着させ、歯の白さや形を整える治療方法です。

ファイバーコア

崩壊した歯にかぶせものをする場合は根に土台を入れなければなりませんが、これをコアといいます。かつてはこれは金属でつくるのが主流でしたが、歯根破折を来しやすいこと、オールセラミックの被せものに金属色が透過しやすいこと等より、今ではファイバーと樹脂で作るコアが積極的に使われています。

ホワイトニング

歯本来の白さ(若しくはそれ以上)を実現するための治療方法です。

特殊な薬品を使って、着色されてしまった歯の表面をきれいにします。

ホワイトニングについて詳しくはこちらから

オールセラミックの特徴とは

オールセラミックは審美性に優れた治療方法です。

歯本来の白さや透明性を持っているのが特徴です。

金属を使用していないので、金属アレルギーがある方でも安心して行うことができます。

また、前歯を含めた見た目が気になる方や、僅かな歯の隙間、歯の形状改善も可能です。

デメリットとなる点は、自費診療となるため治療費が高額になってしまうことと、セラミック製である為、強い衝撃があった時に割れやすいことです。

ページトップへ
PAGE TOP