インプラント症例:患者さんの声(12)

 両側の下顎の臼歯部が喪失した場合、義歯はかなり大きなものとなり、口腔内の違和感は強いものです。このような時にインプラントが威力を発揮します。
 症例(12) 女性 38歳:両側の第一大臼歯、第二大臼歯を喪失した部分にはじめて義歯を入れましたが、違和感に耐えられず、1日と義歯を入れておくことができませんでした。そこでインプラントによる解決方法を企画しました。
 通法通り、左右下顎の大臼歯部に2本ずつインプラントを埋め込み、その上にポーセレン冠をたてて修復処置を行いました。
DSCF0731.JPG/><DSCF0734.JPG
DSCF0738.JPGDSCF0736.JPG
<声>何でも噛めています。インプラントを入れていることを忘れてしまっています。

投稿日:2008年5月15日  カテゴリー:未分類

ページトップへ
PAGE TOP