新着情報

新着情報:2008年03月12日分

« お知らせ | | 口腔外科疾患の一例 »

 

2008年03月12日:インプラント症例:患者さんの声(8)

 インプラントの手術で、最も簡単で、一般的によく行われているのは、下顎の大臼歯2本を喪失した症例ですが、それでも下顎の解剖を熟知していること、丁寧に優しく手術を行うことは成功への絶対条件です。

 症例8 70歳 男性:左下顎の第一、第二大臼歯が欠損した方で、10年以上、あまり不便を感じずに部分義歯を使っていましたが、インプラントの快適性の魅力に魅かれ、手術を決意されました。下顎の中の神経、血管がかなり上方を通っていますが、レントゲン検査やCT検査で術前に計画したとおり、インプラントを神経、血管のぎりぎりで埋め込んだ結果、手術後の感覚麻痺もなく、インプラントの機能も良く保たれています。


DSCF0505.JPG%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7.JPGimaizumi.JPG


<声>入れ歯に比べて、インプラントは清潔でいい。それに出し入れの手間もないからいい。長年入れ歯を使っていて、こんなものかと思っていたが、これなら、もっと早くインプラントにすればよかった。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)